VanScript 波乱万丈のバンクーバー生活日誌

バンクーバーで暮らす4人の大学生による台本のような生活日誌

[ツアー]UBCで江戸川女子高校の生徒達の修学旅行ツアーのガイドをしてきました

こんにちは、四季の中で夏が断トツで大好きなCarlです。

ここ数日、日本では猛暑と聞きましたが、本日のバンクーバーも快晴で太陽の光が強く、体感では日本に負けないくらい暑く感じました。夏を心から愛す私のような人種だと、暑くてもこんな天気の良い日は外に出たくなりますよね。

今日は私が通っている大学、UBC (University of British Columbia)バンクーバーキャンパスでJTB主催、江戸川女子高校の生徒さん達の修学旅行ツアーを手伝ってきました。

f:id:Vanscript:20190528112612j:plain

JTB主催、江戸川女子高校UBCツアー

 

(Photo Cred: Carl)

 UBCとは、カナダ・ブリティッシュコロンビア州バンクーバー市西端とオカナガン地方のケロウナにある州立の研究総合大学です(Wikipedia引用) 

ja.wikipedia.org

 

UBCで特筆すべき点といったら、まるで一つの街を彷彿とさせる緑豊かな広大なキャンパスと海に面した土地ならではの壮観な眺めです。

実際に、UBCバンクーバーは優れた研究の聖地のみならず、新渡戸記念庭園レックビーチ薔薇庭園、歴史ある建造物の数々のほか、博物館、美術館、図書館を筆頭としたバンクーバー屈指の観光スポットとして有名です。

UBCについてはまた次の機会に詳細に語れたらと思います。(本当にたくさん魅力的な場所があるので!)

 

私がガイド担当をした生徒達4人のグループでは皆、カナダに来るのは初めてだそうでUBC内の図書館や飲食店を巡っていると、見るもの全てが新鮮だと目を輝かせて喜んでくれました。道中で生徒達に将来の夢を聞いたら十人十色、皆違う業種で個性があっていいなーと感心しました。目標にする夢があるっていいですよねー

キャンパス内を紹介する時間は1時間半とかなり限られていましたが、その中でも特に皆が興味を示してくれたのがIrving K. Barber Learning Centre図書館からの眺めでした。

f:id:Vanscript:20190528113033j:plain

Irving K. Barber Learning Centreから見えるUBC時計台とWalter C. Koerner Library

 

(Photo Cred: Carl)

短いUBC観光を終えて迎えたランチタイムの時間、北米サイズのクロワッサン サンドのデカさに日本から来た生徒達が騒然とした後。

今回の修学旅行の大目玉、社会問題についてのディスカッションが行われました。ガイド中は生徒達がわかりやすいよう日本語を混ぜて使っていた私も、ディスカッション中はストイックに英語のみで接しました。

最初は会話言語の変化に慌てふためく様子でしたが、段々と英語の会話に慣れてきて最後はしっかりとした文化交換ができました

f:id:Vanscript:20190528114740p:plain

多数派と少数派の違いについてのディスカッション

 

(Photo Cred: Carl)

最後に引率の先生に半日一緒に過ごしたグループの記念写真を撮ってもらい、解散となりました。

高校生という多感な時期にこのような新しい経験を積むのはとても重要なことだと思うので、今回の文化交流でこれからの生活に役立つものを会得してくれたらと思います。

以上、突然親心に目覚めるCarlでした。

 

次回のツアーは中央大学の生徒達とのダウンタウン観光です! 

ネットで買い物するならcolleee