VanScript 波乱万丈のバンクーバー生活日誌

バンクーバーで暮らす4人の大学生による台本のような生活日誌

ベストNewレストラン賞受賞STEMに行ってきた!

皆さん御機嫌よう、最近記事の投稿数が低くVanscriptメンバーの中で肩身が狭いCarlです。

毎日投稿は本当に難易度高いですね、継続して毎日投稿されている某Youtuberさんは本当にすごいと思います。私は実のところ、もともと書くのが早い方ではないんですよね、ゆっくりと文を推敲するのが好きなタイプなので…

 

前語りはこの辺にして、今日紹介するのは今年バンクーバーでベストニューレストラン賞を受賞したことで有名なSTEM Japanese Eateryです!

f:id:Vanscript:20190612135648j:plain

STEMレストラン外観

オープンしたばかりのレストランなので外装も新しい感じがしますね。

私が普段行かないBurnabyの南の方にあるのですが、今回はSTEMでキッチンスタッフをやっている友人の、STEMの料理は凄くこだわりがあり手が込んでいるという前評判に惹かれて足を運んでみました。

f:id:Vanscript:20190612135708j:plain

STEMレストラン内装

中はこんな感じ、日本食屋さんの雰囲気いいですよね〜

f:id:Vanscript:20190612142322j:plain

メニュー

メニューの品どれも美味しそうですね…

気になる方はこちらのページからメニューが見れます。

https://stemjapanese.ca/main-menu/

 

Vanscriptの仲間Kumaさんとは違い、己の味覚と味を表現する能力には自信がある私Carlがこの中から選んだ料理を食レポ形式でお届けします。

f:id:Vanscript:20190612142610j:plain

BC鮪のタタキサラダ $14

 まずは前菜のツナのたたきサラダ!

これがまた絶品、口の中で柔らかくほどけるツナとシャキシャキの野菜の相性がワサビごまドレッシングで増幅され極まった一品です。

しかし驚くことに、この皿の真骨頂はこのマッシュポテトにあるんです!

不肖Carl、一口目から気付いてしまいました、そうマッシュポテトの中に隠されたトリュフの風味に!

興奮して直ぐさま店員さんに聞いたところ、マッシュポテトの材料を教えてくれました。

  • じゃがいも(Yukon Gold Potato)
  • 市販のマヨネーズ
  • 黒トリュフオイル(Black Truffle Oil)

なんと必要な材料はこれだけ!今度家で作ってみますが、マヨネーズにも何かもうひと工夫あるような気がするんですよね〜

今年食べたサラダの中でダントツに美味しかったです。皆様も騙されたと思って頼んでみてください。

 

f:id:Vanscript:20190612145515j:plain

ローカル豚のヒレ串カツ $12

続いては、豚の串カツ!

ひとかじりでわかるのですがこの串カツ、玉ねぎと一緒に揚げてあるのです。

パン粉がサクッサクッで中のやわらかい豚ヒレと甘〜い玉ねぎのふわっとした仕上がりは一言で表すと、”最高”です。

写真左下のごまトンカツソースにつけて食べるのですが、正直、お好みでソース無しで素材の味を楽しむのもありかと思います。

 

f:id:Vanscript:20190612151313j:plain

トマト肉豆腐 $13 + 温玉は別料金

大のトマト好きな私が、メニューを見て気になっていたこのトマト肉豆腐。

すき焼きにアレンジを加えた皿といったところだと思います。

椎茸の味がしっかりとでたスープの中、よく煮込まれた牛肉としっかりとした食感の揚げ豆腐にとろーり温卵を絡めて食べれるのは至高ですね。トッピングのネギも良い役割をしてくれています。

味は文句ひとつないこの品に、一つ不満があるとすれば、トマト肉豆腐を語るわりにはトマトの存在感が薄く、トマト好きの私を泣かせるネーミングなことくらいです。

 

f:id:Vanscript:20190612152555j:plain

デザートメニュー

程良く腹八分目になったところでデザートタイム、男女関わらずスイーツは別腹ですよね〜

デザートメニューもどれも美味しそうな品ばかり、どれを頼もうか迷いながら最終的にCarlが選んだデザートは…

f:id:Vanscript:20190612152821j:plain

抹茶白玉クリームあんみつ $8

私が選んだデザートの一品はこれ!クリームあんみつでございます!

普段ならパンナコッタを頼むCarlですが、この日は白玉の気分だったんですよねー

 この皿の説明をさせて頂くと、土台になっている白玉、抹茶寒天の上に抹茶アイス、黒ごま餡子アイス、生クリームそしてその間にサンドイッチされているのがみかん等のフルーツ、とパフェ並みに内容満載な品になっています。

上からかけられた抹茶シロップが甘みを調整してくれて、とても美味でした。

 

北米のデザートは暴力的な甘さで、こういった繊細な甘さ加減がないんですよね。なので、こういった日本の甘味品を食べる度に幸せな気分になります。

 

写真を撮るのを忘れてしまいましたが、会計のレシートがワインのコルクに刺されて出てきて食後にひと笑いさせてもらいました。このような一工夫で印象がぐっと変わりますよね。

 

今日紹介したSTEMレストランは、事前予約でシェフのお任せもできるようです。今度行くときには試してみたいですね。

グルメな私の舌を唸らせたSTEM Japanese Eatery、一品一品こだわりが出ていて感嘆しました。

皆さんも是非足を運んで見てくださいね。

 

 

バンクーバー情報のランキングに参加してます!!

下記バーナー↓を1日1回押して応援お願いします!!